セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

 

実に低価格で商品が購入できるオークションのペニオク。

しかし入札ごとに手数料がかかり、手数料代で定価以上の金額になることもある。

でも実際は業者側の入札が続き、ようは購入ができないシステムだったようです。

安価での購入を期待して入札をしても手数料がかかり、購入できなくても手数料は戻って来ません。

私も何度か興味を示して金額の流れを眺めてることがありました(一切参加しませんが)

 

しかし、このオークションを使って安く商品が購入できた。とブログで紹介していたタレントさんが多数いますが、昨日「落札はしていないけど、紹介することで30万円貰ってた」というような記事を見かけました。

 

似たような内容の話しをどこかで読んだと本棚を漁ってみたらありました。

 

 


まんがでわかる法律の裏ワザ 詐欺・悪徳商法編

 

2011/08が初版になってるので割りと新しいと思うので情報もまだ新しいほうだと思います。

通販の化粧品でのCMタレントを例に書かれていますが、気になった文章は

 

「悪質商法や欠陥商品のCMに出たタレントは、場合により消費者から広告塔としての責任を追求されることもあるようです。」

p165にて


 



まんがでわかる法律の裏ワザ 詐欺・悪徳商法編
 

その他に

「欠陥商品や悪質商法の被害者が、業者だけでなく、その商品や業者のCMに起用されたタレントを相手取り、損害賠償を求める裁判を起こすことがある。広告塔としての責任を追求するわけだ。だが、欠陥などがあることを承知しながらCM出演を引き受けたなどの事情がない限りタレントが法律上の責任を問われることはまずない。」 p166

 

私は法律家ではないのでブログでの紹介がこのCMに当たるのかどうかはわかりませんが、ブログの記事にするにあたって金銭のやりとりの発生と実際に購入していないのにそのように書いた事実と、それに関わり、実際には落札できない。ということを知っていたかどうか…この辺が大きなポイントになるのかなと思ったりします。

ただ、今回の件で書類送検などの対象になるとしたら

詐欺の発覚後にブログを削除した。という行動は証拠隠滅にあたるのかなと思ったりもします。

 

以前どこかのニュースで、タレントの人たちに人気のオークションのような感じでいろいろな方の名前が並んでましたが、どうなるのでしょうか。

タレントという職業はほんとに人に影響を与えることのできる仕事だと思います。

 

詐欺だったとか、購入(落札)していない。とかよりも、嘘書かれた事を残念に思います。

 

しかし、(相手によるのかもしれませんが)30万で人気タレントの方に紹介してもらえるのなら安いと思います。

今後、詐欺とかではなくメーカーなどから直接依頼が増えそうな気が Drop in a Flickr Image します。

タレントアフィリエイトという新ジャンルですか。笑

 

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ペニオク事件 どうなるタレント
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に