セカンドロード

いろいろ考えてみる

長く書いてますが、てっとり早くまとめた部分を「5,まとめ」に書いておきます。面倒な人はそこだけをどうぞ。

 



 

グルグル書いてナルトを書いてるのを見守る猫の図

我が子 現在 3歳1ヶ月。小学1年生の漢字を20個位読めるようになってます。書けるのは、数字+α ですが、平仮名カタカナはあまり書けません。がそれは別の話。

ただ一部漢字は 「十」 と書いてたので下に「八」を書いてと指さして書いたら「木」という漢字が書けるようになったので、調子にのった私が、「ここに「一」を書いて」と指さして書いてもらったら「本」

大好きな本の漢字書けたねーと褒めておきました。絵本が好きで月40~50冊読んでるほどなので喜んでました。※全て図書館で借りる。

 

 

読めるようになるのはみんな一緒なので早いか遅いかのの違い程度だと思うのですが、

他所の子もそんなもんだと思ってたのですが、やけに早かったようなので、彼が平仮名カタカナを読めるようになった流れを書きます

 

1,誰もが大好きアンパンマンの図鑑

 

みんなちびっ子はアンパンマンが好きで好きでたまらないようです。テレビでも放送されてますし、レンタルショップに行けば歌と踊りなどのDVDもあるのでよく借りていましたが、私も嫁も主要なキャラクターしか知りません。

でも子供がこの子は?と天丼マンやらカツドンマンやらゼリー坊ややら興味を示すのですが、DVDなら名前がでますが、店頭のポスターとかだと名前がわかりませんので、下記図鑑を用意しました。 一緒にうつってポケモ図鑑もこのあと大活躍です。

 


アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000
さすがギネス記録をもつ図鑑。かなり大きいです

 



 

こういう感じで2000以上のキャラクターがのってて説明ものっています。

私と嫁、子供が興味をもってるのに「わからない」で終わらすのが嫌な性格なので、店頭などで「これは?」と聞かれたら「帰って調べようね」と図鑑を開く開く開く。キャラクターを思い出して名前がわからないので1ページづつめくって探す。

これをやるときは、一緒に探そうと子供も横に置いて、この子だっけ?この子だっけ?と確認しながら見つかったら名前と説明を読む。

これを繰り返してたら、「アーモンドおうじ」の「ア」がアンパンマンの「ア」と一緒とゲームをしてたら、そのうち本人が発見しだして、その文字はそう読むもんだと思ったのでしょうかあっという間に平仮名とカタカナを覚えて行きました。

 

ですが途中で路線変更して

 

2,アンパンマン卒業 次はポケモンに興味を持った。

 

さすが、私が高校の頃に生まれて継続されてるポケモン

600種類以上超えてます。テレビでも放映してる。ポケスマなる、TIM・ロバート・しょこたん・etc の番組もある。

当時、つるの剛士さんの歌っていた「ポケモン言えるかな」に興味を持ったようでアンパンマンと同じノリで「これは誰?これは誰?」と聞いてきたので図鑑を開きました。

※実際の歌はベストウィシュというシリーズの図鑑なのですが、画像では全国図鑑(ベストウィシュの載っていない)を載せてます。子供が横に置いて現在寝てるので借りれませんでした。

 


ポケモン ベストウイッシュ イッシュずかん (コロタン文庫)
図鑑と言ってもゲーム用ではないのでキャラクターが絵で書かれています。16bitとかの攻略本と違って絵本のような感じです。

 

3,自分で読めるとこを読みだした。

 

キャラクターを覚え始めたら、図鑑をみながら知ってるキャラの名前を言い出しました。へーここの平仮名読めるんだと指さしてたら、名前とそこの文字を照らしあわせたようで勝手に覚えて行きました。

そしたらだいたい読めるようになってました。

 

で、最初は名前から入ったのですが、ポケモンのタイプで飛行タイプとかありますので、「この子飛行タイプだから空飛べるんだって―」補足もつけて話してましたら、そこの項目のところにも興味を持ったようでそっちも読みだして、画像小さいのですが、解説のところに少し漢字に読み仮名をふってあるのですが、そっちも読み出しました。

火とか水、とかほんとに興味のあるとこだけですけどね。

気がついたら「ポケモン言えるかな」を暗記していたので、ポケスマという番組の歌った映像募集に応募したところ応募してくれた友達コーナに写ってました。本人も喜んでました。

 

4,読めるようになってきたら楽しくなったようで、

 

「パパ読んであげるね。」と図書館で借りた絵本を持ってきて読んでくれるようになりました。

一冊読むのに数分は余裕でかかります。のんびり気長に待ってました。「なんて読むの?」と聞くまでのんびりと待ってました。頑張って考えて思い出してるんですね。子供って。

といった感じで、読めるようになってきたら読む喜びを感じたようで読むのが早くなっていました。絵本だったら普通に読む早さになりましたし、テレビの歌番組の歌詞もバラード位ならついていけるようになりました。

ブルーハーツのリンダリンダの最初の部分は聞いたこと無いのに合わせて読み上げてたのには驚きました。

といった感じで勝手に覚えてたのです。

 

5,まとめ

 

では簡単にまとめていきます

 

よく思うのは、無理に教えようとせずに、興味をもったらここだよ。と示せば勝手に覚えていくと思います。

うちの子は自由気ままに覚えて行くのが気に入ったようで、というか文系のようなので本が好きなので覚えただけだと思います。

正直、小学校にでも行けばみんな読んだり書いたりするわけなので、早いか遅いか程度だと思います。

 

1,興味を持ったら図鑑などで一緒に調べる。

わからないで終わらせなずに、後で調べようと声をかけてちゃんと一緒に調べる。

 

2,どこを読んでるのか時々指で教えてあげる

字という認識はありませんので、どこに名前があるのかわからずに、親だけわかってたら子供にとってなんでわかるの?どこでわかるの?と疑問が芽生えそうなので、字を教えるのではなくて、ここに書いてあるという程度で指で示す。

 

3,アンパンマンの「ア」だね。ドキンちゃんの「ド」だね。と共通点を探す遊びをする

これは「あ」これは「え」とか教える気は全くなかった我が家。ただせっかくの(2000円前後の高級な)本なので図鑑以外の遊びできないかなと思って同じ文字で○○と一緒だねと共通点探しゲームを始めてみたら、楽しかったようで平仮名カタカナというより、そういう形として楽しみながら覚えた。

 

4,別のものに興味を持ったら

無理せずあっさりと変更。日々変わられては困りますが、一つ二つ興味が変わることもあると思います。ポケモンが気に入ったようだったので、同じように図鑑で楽しみました。

 

5,本によって様々な楽しみ方がある。

図鑑でもそうですが、ただ読む。のか文字合わせをするのか、ポケモン図鑑だったら進化前→進化後とのってるので、この子の進化前だーれだ?とそのページの下に進化前のキャラも書いてあるのですが、少しづつ読めるようになってきたら、それを読もうと楽しみだしました。

 

まぁ…好きこそものの上手なれ と書けばそれまでですね。

それと親が一緒にすることと、勉強勉強ではなくて遊び。として楽しむのが一番だと思います。

図書館を活用するのも良いと思います。うちの近所は紙芝居もおいてますので楽しめます。

 

 

 

 

ちなみにアンパンマン図鑑は

 

ポケモンの合間にしっかりと読んでいます。やはり全て平仮名でかかれてることと、

2000というギネス記録のキャラクター数の豊富さには圧巻です。

 

いまだかつてアンパンマンが嫌い。という子は知らないのでちょっとした贈り物とかに安すぎず高すすぎず、オススメです。

ホラーマンが私は好きなのですが、声がべんぞー・・・・・さんwww

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2歳で、平仮名・カタカナ・読めるようになった方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に