セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

2ヶ月ほど前から仕事中(勤務日)に「一日一考」というテーマで仕事のことでも家のことでも考えてメモをとるようにしています。

手帳に基本1ページ以内の短いもので、どんなに多くても見開き1ページ分。

「無いものは有るという発想」 「ヤル気を起こす3つの方法」「わからない。がわかる進歩」「気分転換のスイッチ作り」「今だけだから。という考え方が今後薄くなる」 とかチラ裏。

 



 

チラ裏なので恐ろしいほど蛇がウネウネしてる字なのでぼかしました。

「KAIZEN」が世界に広まったのはトヨタの生産方式のひとつであり、そのまま日本語の響きで広まりました。

しかし、何らかの手法や考えを一日一考と決めて考えてみると簡単には浮かびません。さらに重複させることを防ぐために忘れてもなりませんし、考えて記録を取り続けることで、自分の視野が広がるどころか、ネタがどんどん減っていきます。 自分の「引き出し」が空になっていきます。

当初は楽なものでいくつも浮かんでいても一ヶ月もすると見つけるために考えることが必要になります。

それは限界ではなくて、自分の中のものを出しきった以降は自分にとってあらたな引き出しになっていくのです。そして全てを出したあとに考えて記録していくことは、新しい発見。新しい発想。そしてその情報は先日書いた「情報とは」に繋がることもあり、自分で自分の未来を予想することができます。それをどう活用していくのか? 対象は自分なのか人なのか?それとも生産においてなのか? これだけのことが考えられます。

何気ないことをあらためて考えることで、面倒だしイライラもしますが、やり続けて見直すと自分の成長も確認できて面白いものです。

これが200を超えたら、そのメモだけのサイトをオープンさせることを目標としています。

 

そしてそのことを考えるキッカケになったのは一冊の本です。

 



 

上記の「プロマネ一日一句―あいまいさを味方に付ける実践論」 日立システムアンドサービス元社長 名内泰蔵

下記の画像に中身を載せていますが、一日一句づつ読めるようにテーマがあり、短くまとめられています。

世のビジネス書は自分にあうものが見つかれば実に興味深く、面白い内容で翌日から活かすことができるものがありますが、逆に自分に適していないものだと、全て読むのに苦痛を感じてしまいます。更にビジネス書はなるべく途切れさせずに「一気読み」をした方が理解しやすく即活用できると私個人は思っていますが、なかなかまとまった時間のとれないときなどは、読まずにいます。

しかしただ漠然と日々の仕事をしているよりも少しでも実生活(仕事含)に外的要因(図書類)を持ち込んで幅を広げたいので上記の本を昨年購入しました。

 



 

では画像ですが、上記のようにテーマに対して短く載っています。

自分に興味があろうが無かろうが、この程度の文章なら5分で読めます。これを一日一つ読むようにして先日完読しました。

のってるときは一気に読みたくもなったのですが、逆に一気読みをしたとこで、365のテーマの内どれだけが残ってどれだけが活用できるのでしょうか?

という疑問を最初に感じてたので、一日一つを徹底しつつ、その日その日のテーマを振り返ってみたり、ピンポイントで活用できる場面があれば活用したりと365日過ごしてきました。

結果は、プラスはあってもマイナスはない。という感じでした。
役に立つものはいくらでも役にたちましたし、活用できる場面も多々ありました。

逆に使わなかったものもいくつもありましたが、使わなかったというだけで損はしてません。時間の損という人もいますが、こういったものは今必要なくても今後必要になる可能性があり、その時々無意味であろうとも、その考え方を読んだ時点で自分に対して何らかの影響は起きているものです。

という感想でしたので、途中から私も始めて見たわけです。

以前、ひょんなことで証券会社の元社長とメールで自分とその方の考え方をお互いが返事をしつつ自分の意見を添えて、さらにその返事に新しい意見を載せるという言葉遊びのようなことを8時間ほどでメール20通程送り合って遊んだことがありますが、どんな人でも創業者や元社長・現社長と様々な角度から思いもよらないことを切り出してくるので、こういった書物は知の財産だなと毎度毎度感じています。

 

 

昔「美輪明宏さんの待受画像で幸せになれる」というものが流行ったようですが…(私は使用しなかった)
その影響(だと思う)で良いので良いことがあった人はどれくらいいるのだろう・・・・・・・とふと思い出した。

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一日一考
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に