セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

先日 時計の電池交換でジャンク時計を復活させて格安でG-SHOCKを手に入れたのはこちらです。

 

本日は別の時計の分針が中心部分から外れていたために使っていなかった時計を直しました。
いろいろと四苦八苦して時計をばらして リュウズと呼ばれるアナログ時計の右側の時間を合わせる部品の外し方だけ一番困惑しました。

 

とにかく、針の外れてしまったアナログ時計をばらして、針をはめ込んで直したのです。

 

 



画像借りてます

 

上手く写真がとれなかったので画像借りてます。こんな風にアナログ時計の分針が外れてプラプラしてしまっていました。

 

先日のこちらと同じように時計を裏側からばらしていくのですが、アナログ時計にはリュウズがついていると思います。

これを外さないことには文字盤を外すことはできません。

 



 

この画像は手巻の構図のようですが、右上のリューズと書かれた部分を見ていただけたら、時計の分や日を調整するネジはもともとのところにねじ込んであることがわかると思います。が、時計によっては違うものもいくらでもあるようなのでメーカーに確認をすることをオススメします。

 

私は元のネジをピンセットで押さえつけてリューズを外す方向に回すことにしています。今日の時計もすんなり緩んだので上記の画像どうようの作りだったので文字盤をすぐに外すことができました。

 

文字盤までたどり着いたら、文字だけで書きます。

 

ピンセットで針をつまんで もともとついていたところ(凸)に差し込むだけです。

今回は分針でしたので秒針をゆっくりと引きぬいてから凸に分針を差し込み秒針を元通り差し込むだけです。

 

時計の針は、接着されていません。時の針・分の針・秒の針、その他諸々 差し込んであるだけです。

 

ただし、恐ろしく小さい部品です。 昔の時計屋とかは目にレンズをつけていたと思います。これ時計修理セットに入ってるものもありますが、目がつかれます。 ですので裸眼で勝負をしました。差し込む瞬間だけ集中。

 

実際は専用の工具とかあるのですが、私の時計は別に高価なものでもないことと人生でどれだけ分針が外れるかな?と思ってピンセットのみで行いました。

 

ピンセットで軽く差し込み、凸をピンセットで挟むようにピンセットで2箇所を同時に軽く グッグッと押し込み終了

 

ちなみにこの状態で最初は自分で直すのが不安で時計屋に持込ましたら。

「一度分解するから8000円」

わかります。わかります。文字盤の表なんて開ける裏蓋からみたら最後に到達する位置ですからね。
それに自分の時計ならいざしらず、他人の時計で目が疲れるようなことも小さな部品を扱うのも不安ばかりだと思います(今日よくわかりました)

 

しかし、高い。 正直…時計が買えます。ということで今回の時計は針が外れてから2年ほど眠っていました。

捨てようかな…とも思ったのですが、もう10年になります。嫁と交際してたころにプレゼントされたものなので捨てることもできません。しかし、8000円という金額も高価。最初は直してもらおうかと思って持ち込んだのですが、それを機に新しい時計を買って、これを保管しようかとも思っていたのですが、なんとなく今日なら自分でできる。と思ってチャレンジしてみました。

 



 

それが↑の時計。値段の手頃の海外製だと思うのですが、今日ばらして驚いたのは時計の機械はMADE IN JAPAN というのはよくある話ですが「EPSON」と書かれていました。ちょっと驚きました。

 

で、さすがにもう直す時計もないので時計ネタは今日で終了…と言いたいのですが古い痛んだ時計がまだまだあるのです。
当分修理予定はないんですけどね。

 

↓↓今日の時計が入ってたケース

 



 

私 SPOONという時計が好きなので上段は全てSPOONです。一番左上のはSPOONが流行りだした頃に姉が誕生日プレゼントに買ってくれたのですが、ゴムが劣化して割れてしまったので中身だけ上段の真ん中の時計に移動させてまだ使っています。 15年程前のものです。

 

下段は適当にG-SHOCKやらアナログ時計やらと使用頻度の高いのを入れてますが電池がなくて止まってるのもあります。

ただこうしてケースに入れて並べてると思うのですが、国産の時計の時刻はメーカーが変わっても正確すぎるっ。ということ数ヶ月たっても数秒程度のずれだったりします。 子供がほしがったから買ってあげたキャラものの腕時計は1日たったら数十分狂っていました。

 

嬉しそうにしてるのですが、あっという間に狂うからたまに時間を見ても感覚的に合ってないとわかるんでしょうね。少し残念そうにしています。

最近はG-SHOCKの 「 G 」 とバックライトがつくのが気に入ってるようでよく持っていかれます。

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 腕時計修理 分針がはずれた
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に