セカンドロード

いろいろ考えてみる

先日職場の控え室でタバコを吸っている人がいたので喫煙所の場所を教えたら、「あっこれ禁煙のタバコなんですよ」
禁煙用のリアルなタバコは控え室でスパスパするのがマナーなのか、喫煙所の角でスパスパするのがマナーなのか…

健康面では前者なのだろうが、アルコール0%のノンアルコールビールを職場の休憩中にゴクゴク飲むのは許されるのか?

ノンアルコールビール

禁煙用のタバコ

新しく発明されたもののマナーを決めるのは

まずはそれを使用する人のモラルから

害が無いからどこでもOKではなくて、タバコに模したものなのだから「害がないからちょっと良いですか?」と誤解を避ける必要があると思いました。

ノンアルコールビールだ! ワーーーどこでも飲める。運転中もOK…

ではなくて、元々は飲酒運転をしないようにお酒の場で烏龍茶やジュースではなくて、ビールっぽいもので飲んだつもりで楽しもう。

といったものだったと私は認識しています。

 

なんら問題はありませんが、こういったものの始まりはいつだって使う人の性格が現れるものだと思います。

ちなみに、その人は元々人から誤解されやすい人だったのですが、今回の事で自分で納得して人に対しての配慮が苦手な人なんだろうなと確信いたしました。

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ノンアルコールビールと禁煙用のタバコ(っぽいもの)のルール
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に