セカンドロード

いろいろ考えてみる

昨日、志村けんの番組を観ていたらマルモでおなじみの子役が出ててコントが始まりました。

嫁に逃げられて父子家庭となってさまよっていたら(歩いていたら)
1件のたこ焼きの屋台を見つけてお金がなくて1パック買うことができないから
1個のたこ焼きを売って欲しいと頼んだら断れてしまうが、実は子供が1度もたこ焼きを食べたことがなくて
1個のたこ焼きを売ってもらえることになった。

でもそのたこ焼きを食べる前に「頂きます」をしていたら(公園だったので)野良犬が出てきて
そのたこ焼きを食べて行ってしまった。

という昔からあるコントでしたが、嫁と私は爆笑。

途中子供を見たら真剣に観ていたので「流石志村さん」と2歳児の心も掴む姿に感動も感じました。

 

ですが、オチを見て笑う嫁と私…子供はフルフルと真剣なまなざしで震えていました。

これはやばいと嫁に「ヤバい。悲しんでる」と伝えたら

「抱っこする?」「うん」 の流れで母親の愛情を貰っていました。

 

実際には貧乏でもなくて、ネタとしてやっている内容を、切実に捉えて真剣に見入ってしまったんでしょうね。
ましてうちの子はもう何度かたこ焼きも家で作ったり、外でも食べてます。
そんな時に、たこ焼きを知らない。母親もいない。 頼んで手に入れたたこ焼きを楽しみにしてる直前に
野良犬に食べられて行ってしまう。

すごく悲しい内容になったんだと思います。

 

その後、なぜ嫁にクレヨンと画用紙を渡して、犬書いて。たこ焼き書いて。貧しい親子書いて。
と何度も書かせてました。

そうとうショックだったんだろうな。

 

なかなか子供にテレビを見せるというのは難しいな。と思いました。
まだまだコントよりも天才テレビの方が似合ってるようでした。

だけど、コントの演技力もすごく高いのだろうな。。。と感じました。

嫁も私も何度も見てるようなオチなのに笑ってるし、ヘタしたら子供の目には酷い親に写ったかもしれません。(-_-;)

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供の純粋さ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に