セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

New3DS LLは…

 

先日子供の誕生日に約束していた3DSをプレゼントしましたが、「New」のつくものや「LL」のつくものと種類が多く、ゲーム機で最後に購入したのがPS2の私を悩ませてくれました。

いろいろと調べて外で持ち歩きをさせない方針の我が家では携帯性よりも視覚性を取ることにしたので「New3DS LL」を購入しました。

1,外に持ち出さない。(高額だし歩きDSとかみっともない)←必要によっては親が所持する
2,ハードカバー装着。(落とすこともあるだろうし)←後に正解となる
3,画面にフィルムを貼る。(タッチ式なので傷防止)

それ以外にも一日の時間(タイマー管理)や始めるための条件(宿題とか)をいろいろと用意しましたがとりあえず購入しました。

 

本体に差し込むタイプでの充電は反対

 

購入当初は充電は本体にケーブルを差し込む状態にしていたのですが、やはり子供が行うことなので抜き差しが乱暴に感じました。

個人的にスマホでも充電部分の端子の緩みが嫌いなので「充電台」を購入しました。

 

ですが…この充電台は「ハードカバー」を装着しているとその分だけ本体の厚さが増して本体を差し込めずに使用することができませんでした。

かといって充電の度にハードカバーを外したりつけたりしていてはその分だけ本体を落下破損させるリスクの方が大きいはずです。
何が何でも使えるようにしてやろうと考えた結果が下のポムポムプリンカバーの画像です。

 

DSC_0512
上の画像のものが改造した充電スタンドになります。

時間にして1時間かからずに作成出来ましたので紹介したいと思います。

もともとは下の画像のスタンドです。


 

作成準備

大した道具は必要ありません。
本体のプラスチックの一部を切り取るだけです。

作成時間: 1時間前後

必要な道具: ニッパーかカッターなどプラスチックを削れるもの
小さなプラスドライバー

有ればよいもの: ヤスリ(紙ヤスリ可・爪用のヤスリでも可)

 

ではざっくりと作っていきます。

 

もともとは下のものでした。

DSC_0509
が、、、本体が入らないのでよく見ると外側の部分と内側の部分に分かれていますので内側の部分を切ったり削ったりするだけで専用の充電器ができると判断。

 

 

①…裏側のプラスネジをすべて外す(たしか6本です)

 

DSC_0461

 

 

②…ネジを外したら内側の部分のプラスチックを外します
※あまり力を入れる必要はありません

この中には本体をセットしたら充電の端子が飛び出てくる仕組みになっているので小さなスプリングがありますが、特に必要はありませんので、どこから出てきたかわからなくなっても無視して構いません。
(本体の中にクリップなどを落としたりと端子同士を金属でつなげてしまうおそれのある人は大切なものになるのでソーッとはずしてください)

 

加工前の画像を撮り忘れましたので加工後ですが中の部分を外した状態です。

外したインナーは下の画像のようにニッパーでソーッと押し潰すような感じで力を入れていって下さい。
パチンと切るとプラスチックが割れる恐れがあります。グーーーといったイメージで握ってみてください。

カッターの場合ですとプラスチックの半分強くらいの深さで線を入れてから曲げると簡単に取り除けます(浅いとプラスチックが割れます)

 

DSC_0462

 

ここで「切り出すサイズは?」と気になるかもしれませんが、「適当です」 市販のカバーのサイズが統一されているのか本体に引っ掛ける形状が同じなのかはわかりません。

内部の部分にカバーをつけた3DSを合わせて少し大きめに切っていきます。

最悪切りすぎたりして充電器に本体を入れてグラグラにならないか…と不安を感じるかもしれません。
※私は考えましたが、厚紙でも薄いゴム板が市販されていたりするのでそのへんのもので補えば良いと思います。

「何より目標は3DS本体にカバーを付けたまま充電器スタンドを使用する」の1点ですから

 

③…完成

の前に加工した後の切れ目部分に軽くヤスリがけをしておいて下さい。本体の出し入れでカバーに傷がつくかもしれませんので、私は手元にあった爪ヤスリでざっくりと削りました。

完成しましたらネジで固定する前にケーブルをつないで充電できるか試してみてください。

意外なところで削り損ないがあったりしてスムーズに充電できずに何度もネジを止めて外してを私は繰り返してしまいました。

下がネジを締める直前のものになります。

パッと見は不格好なのですが普段から見る場所でもないので気にしません。(・∀・)

 

DSC_0463

 

④…おしまいと感想

ということで1時間かからずに専用の充電スタンドが完成しました。

充電器が外側と内側に分かれていたために容易にできましたが、そうでなければ充電の端子のみを流用して新しく作る羽目になったのかなと思うと楽にできて良かったです。

子供からの評判もよく充電スタンドを用意する前は充電を連日忘れてしまいゲーム中に充電が切れてしまったりしていたようですが、しっかりと充電ができるようになりました。

写真ではテーブルの上で取りましたが普段はカウンターの隅に置いているので今までは寝かせていた状態から立たせた状態で保管することもでき、ただ置いてあるだけに見える状態から片付けている。と視覚的にもわかりやすくなりました。

 

DSC_0512

 

そして知りませんでしたがこの手のカバーは初回分以外は受注に合わせて生産調整をしているのですね。
考えてみたらスマホのカバーなども一昔前より「売れ残り」を店頭で見かけることが減っているなと感じました。

サンリオとかのものは我が家にありませんでしたが、このポムポムプリンカバーを装着したまま充電器に立てておくとサンリオの人気の秘密がひとつわかった気がしました。

それは「違和感なく部屋の一部に溶け込むイラスト(キャラ)」なんだと実感しました。なんでしょうね。薄めの色合いでしつこすぎず、且つほんわかとした雰囲気で存在感をにじませているようです。

 

最後に…

私が使用したスタンドはこちらになります。

それ以外のスタンドを購入して加工できないと言われても困りますので。

 

※尚、当改造は保証の対象外になると思われますので全て自己責任でお願い致します。
また如何なる不備が生じても自己責任で願います。

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - New3DS LL 充電スタンド ハードカバー対応自作
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に