セカンドロード

いろいろ考えてみる

内装をカーボン化する

 

さて先日 16年落ちの「アルトワークススズキスポーツリミテッド」という古い車を購入した私です。単なるアルトワークスのファンです。

車の購入は
ミラTR-44→ムーブカスタム→アルトワークスH8年→アルトワークスH7年→アルトワークスH10年スズキスポーツL(現在)と1台購入してからワークスが手放せなくなりました。この間にはクラウンの購入も考えていたのですが試乗した結果小さく手軽で遊べる。という点で16年落ちでも気になりません。

というわけで内装も年式の割に綺麗だったのですが、全オーナーが喫煙者だったようで多少の汚れがあり、気にしないようにしていたのですがワイパーのゴムを購入しに行きましたところ「3Dカーボーン調カッティングシート」がセール品でありましたのでついつい購入しました。

1台目のアルトワークスは内装を木調カッティングシートでウッド内装にしていたのですが今回はセール品のカーボンにしてみます。

(嫁に言う前に購入したので怒られました)…そしてアマゾンでも売っていました。orz


 

用意するもの

 

用意するもの
の3点です。

カッティングシートは使うために購入する必要がありますが、カッターやドライヤーはご家庭にあると思います。
でもオススメなのはデザインデザインナイフになります。

その理由はカッターよりも刃先が鋭角になっているために細かな角度調整などに適しており刃先を変えることで様々な用途に使い分けることができるからです。

 

デザインカッター デザインナイフ
 

ここか先は(撮影を忘れていたために)完成品の画像になりますが、貼り付けのポイントは一番平面な部分にカッティングシートを貼り付けドライヤーをセットなど弱めの風力で暖めながらシートを軽く引くようにして貼り付けていくことです。

そして端の方は裏側に折り込むように少し大きめのサイズにしておくことがポイントになります。

 

アルトワークス
 

上シフトレバーカバー

 

 

アルトワークス
 

オーディオ・エアコンパネル。
サービスで付けてもらった7インチのナビが異様に大きく感じます。
(通勤車なので嫁にあげると言ったら子供が遊びたがるだろうから「いらない」と言われた可哀想な指紋でベタベタなナビ)

 

アルトワークス

 

 

運転席側の外から眺めた様子。

中古で購入時についていたHKSのウッドハンドル。木目はまぁ許せますが黄色のメッキ部分が剥がれているため、次はメッキ部分のカーボン調にする予定でおります。

あとはオマケでスズキへのメッセージ。

今回の車の買い直しでアルトワークスを買う予定はなかったのに状態の良い物が近場にあったので良かったのですが、さすがに次は…(T_T)

 

 

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 車 カスタム カーボン化
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に