セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

 

 

 

先日我が家の洗濯機が壊れてしまいました。と言っても完全停止というわけではなかったのですが、洗濯機ベルト交換を昨年行い回転などに問題はなかったのですが、モーター側より異音などが始まったので流石に「16年落ち」ということで寿命と判断しました。

 

どんな洗濯機にする?

 

基本的に洗濯機の形はドラム型とたて型の2種類あります。
このへんの選択は好みで構いません。すでに洗濯機の洗浄能力にさほど差があるとは感じませんので(個人的に)

我が家はドラム式の斜め使用は腰に負担になると判断しました。(展示品などで実際に洗濯物を取り出しする真似をして)

ですので洗濯機はたて型のものを選びました。

 

機能は…

 

洗濯機に求める機能は人それぞれだと思いますが、基本的に「洗う」「すすぐ」「脱水」の3つは変わりません。そこに感想やら洗濯物の種類で判断したり、節水したりと…私見ですが、洗濯機の洗浄とは別の付加価値競争が起きていると思います。

その辺はカタログやネットで検索すればいくらでもヒットすると思います。

我が家では家族分に余裕が持って洗濯できる容量であれば
(電気代のかかる)ヒート乾燥はいらない。
…ごちゃごちゃと手動設定になる独自機能は「い・ら・な・い」
でも洗濯の内容にはこだわりたい。(節約しつつ綺麗に洗濯)

という点で調べた結果

全自動洗濯機 SHARP 穴なし槽カビぎらいが一番求めているものでした。

最大のメリットは6kgの容量にもかかわらずに販売価格が「3万前後」という低価格。

我が家はシンプルにボタンひとつで洗濯スタートできることが一番求める機能なのです。そして10万、20万とかけるよりもその分を洗剤などの消耗品に回すことにしています)

メリットは
  • ドラムに穴がないためにドラム内のみの水の使用で大幅な節水になる。
  • 穴がないことで脱水時など遠心力で洗濯物が穴の方におされて衣類が痛む心配がない。
  • 洗濯機の汚れ(カビや洗濯洗剤の固まり)は穴より外側に発生する。
などが主な理由ですが、他にもお風呂の水を据え付けのポンプで使用できる。(付属のもののため洗濯機に合わせたオンオフで多機能な使い方ができる)とかもあります。

 

20131224_213653 全自動洗濯機 SHARP 穴なし槽カビぎらい さてこれが設置した洗濯機ですがボタンを見ての通り一見シンプルですが、さすが我が日本メーカー「シャープ」ですぱっと見にわからない機能として
ぱっと見想像ができる思います。そしてこれらは洗濯の洗浄や臭いを抑えられることができるような能力のものでボタン類などに表すことはできない機能になります。

 

20131224_213709

 

 

でもって洗濯槽のドラムはというと当然「穴なし」のものでオールステンレス。

ステンレス槽は他でもあったと思いますが、穴なしはシャープのみ。

穴がないので脱水時の遠心力で衣類が「穴」に押し付けられてその部分が傷みやすくなったりするリスクがない。
穴あきドラムではドラムの外側に洗剤が残ったり汚れがついていたりして「見えないカビによる臭い」や「汚れがたまった時に洗濯物にゴミカスの発生の心配がない」
オールステンレス製で常に清潔に保たれている。
ステンレス製の石鹸を知っている方は多いと思います。軽く石鹸をつけてからステンレスの石鹸で手をこすることで手についた「非常に落ちにくい臭いを落とす」ことからステンレス槽による臭い対策ができます。

一言にすると「カビや雑菌の発生が少ない(かなり抑えられる)」ということです。

 

以上のことから

購入に至りました。

正直…見た目は10年前のものと対して変わりません。ピンクの部分もありますが、それ以外は従来のものと目立つ変化はなく、16年落ちのものと入れ替えてもそう大きな変化はありませんでした。

が、サイズはほぼ同じものでしたが、容量が4.2kg → 6.0kgとアップしたのでコンパクト化が進んでいると言っても過言ではないと思います。

次に、音はあります。ネットでは「騒音」などと書かれたレビューもありますが、洗濯機ならこんなもんでしょ。といった程度のものでワンルームで洗濯機が扉一枚といった程度だと気になるかもしれませんが、洗面所に設置して使用する分には全く気になりません。

というか聞こえません。

 

使用レビューは

 

やはり新しいものは素晴らしいできです。

洗濯中に蓋をあけて確認しても洗濯物の回転にメリハリがあり丁寧にあらわれている様子がわかります。

すすぎ・脱水に関して洗濯後にわかりますが、脱水されているのにもかかわらず洗濯物がガチガチに固くならず脱水されている状態です。

臭いなども全くありません。

仕事の作業着などはどうしても汚れやすいものでなかなか落ちにくく「あれっ?」と思うことが以前はあったのですが、洗濯機を変えてから一切なくなりました。

 

電化製品は「高い=良い」というイメージがなかなか抜けません。でも実際にはよく知らないメーカーの洗濯機が高値で売られ、今回のES-GE60N のように市場でもかなりの低価格のものが出始めている国産メーカーがあります。

 

私の考えでは新規参入メーカーと国産有名メーカーで比較するなら「質」に関しては国産有名メーカーを優先してしまいます。

やはりメイド・イン・ジャパンブランドと、歴史あるデーター。そして最近では価格競争の激化などがありますが、それでも譲れない国産有名メーカーのプライドが「質」にあらわれていると自分の経験から思っていますので。

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コストパフォーマンスの高い洗濯機
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に