セカンドロード

いろいろ考えてみる

先日不本意ながらOSをXPから8に変えました。

win7も持っているのですが別のパソコンにインストールしているために余っていたwin8を使うしかなくインストール作業を行いました。

いろいろと最初は戸惑いましたが、従来のデスクトップ画面に設定しほとんどXPと変わらない環境になったのですが、それでも時々混乱します。

そして今日作業していたら「メモリ不足」の表示が常に出ている状態が続き何が原因かとタスクマネージャーとにらめっこしたところ

「Google chrome」が主にメモリを消費していました。

しかしchromeは優れたブラウザだと思っている私は使用をやめるということはしたくなかったのでタスクマネージャーの詳細にchromeが大量にあったので調べたところ

拡張機能のアドオンがメモリを消費してくれていました。

もちろん種類にもよるのでしょうけど、常に使用したいアドオンと極々稀に必要なアドオンと分けて考えたところ10個使用しているうちの8個は停止してもよいと判断し停止したところメモリ不足の表示は一切出なくなりました。

アドオンだけで600MBも消費していたとは恐ろしい。

 

そんなわけでwin8で「メモリ不足」が表示されるようになった人でchromeを使用していたら拡張機能を疑ってみるとよいと思います。

試しにfirefoxでも試しましたがやはりメモリ消費は減りました。

 

となると便利な拡張機能でメモリ不足は解消できないかと調べたところいくつか候補が上がったのですが私が一番気に入ったものは

TabMemFree

一定時間使用していないタブの読み込みを停止しメモリを解放してくれる機能でタブに再アクセスすることで読み込みが再度始まります。常に一つしかタブを使用しない人よりも複数のタブを開くことが多い人にはお勧めのものになります。

私の場合ですと常に5~7つくらいは開いていき必要に応じて切り替えながらPC作業をしているのでとても効果の感じられるものです。

 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - win8 メモリ不足
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に