セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

迷子を見つけたら嫌な現実があった

 

昨日イオンに家族で行き、生鮮食品を購入したので嫁と子供が氷を貰いに行っているときに、迷子だと思える3~4才位の子供が周りをキョロキョロしながら歩いて、ときどき人の顔を見上げるような仕草をしていたので「誰か探してるんだろうな」と思いました。

迷子ではないのだろうけども、あまりにもキョロキョロと人を探してるようだったので、声をかけようとしました。

が、声はかけられませんでした。ちょっと目線を合わせるようにしゃがんで「どうしたの?」と聞くだけのことなのですが、そこに大きなリスクを感じてしまいました。

不審者情報を見ているとわかるのですが、「道を聞かれるという不審者情報がありました」

というものをチラホラ見受けることがあります。現実問題「道を尋ねる」ということが不審者扱いに繋がる時代に、三十路のオッサンが1人で幼い女の子に声をかけることは誤解を招きかねません。 しかも私は普段からかけてるメガネに加え花粉用の大型のマスクを装着していました

「どうしよどうしよ…」と取り敢えず不審者扱いにならないであろう子供を連れた嫁のとこに行き「迷子っぽい子がいる。俺だと不審者とおもわれるかも…と助けを求めて子供もいた場所に行くと店員さんのとこにいました。

良かった良かったと思う反面、なんとも嫌な時代になったもんだと実感しました。
迷子に違いない。と思っても一部の変質者もとい犯罪者のおかげでスッと行動が出来ない。
否、行動はできるけどもそこにはリスクが伴うようになってしまった。

取り敢えず、嫁嫁と同い年位の子がいる女性なら安心とすぐに思いつきましたが、こりゃ世も末だと思いつつも自分の行動を反省してみました。

 

迷子を見つけた時のオススメの行動

 

前述のように10代ならまだしも社会人のオッサンが迷子(と思える)に声をかけることにはリスクを考えなければならない時代です。

 

もし迷子を見つけた時にはどんな行動ができるのか考えてみました。

 
  1. 家族と一緒に行動してるなら嫁など女性に声をかけてもらうようにする。
  2. 店員を呼んで状況を話して任せる。
  3. 家族も店員もいなければ、近くの女性に相談してお願いする。(オッサンだと恐がらせるかもしれないからと)
 

まぁベタな考えだと思いますが、実際に迷子(らしき子)を目の当たりにすると、すごく不安だろうな…と焦ってしまいそうになったので、改めて考えてみました。

だいたい嫁と子供のとこに行くまでに店員とすれ違っていたのだから伝えておけば良かったということに後で気が付きました。

 

そもそも見てない親も悪いが、なにより悪いのは、
道を聞くだけで不審者扱いする行政と
道を聞くフリをして事件を起こすクズが悪い

 

はぁ~世知辛いわ。 私が4~5才の頃は知らないおじいさんに誘われてついていったら、おじいさんの庭で枯れ葉で焼き芋を焼いていてそれを縁側に一緒に座って食べさせてもらいましたよ。 親に話したら速攻でお礼に行ってたし、私自身すごく素敵な思い出です。

それが今では声をかけたら不審者

なんか腹が立ってきた。 気がつくと一軒家の垣根も鎖国でもする気か?という位高く積み上げられていますね。

時代といえば時代なのですが、遠くの親戚よりも近くの他人という言葉が逆になりそうな気がしてしまいます。

でも店員さんのとこにいたので一安心しました。

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 迷子の子を発見したときの対処法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に