セカンドロード

いろいろ考えてみる

 

 

壁紙は傷んでいくもの

 

我が家が新築マンションを購入したのは6~7年程前のこと…

壁紙は傷んでいくものと気にするつもりは全くなかったのですが、我が家には貰い手がいないと困っていた知人から犬を引き取っていたのですが、引越し翌日に犬の甘咬みによって一日で壁紙は破壊されていました。でも所詮壁紙だしいつかは張り替えるでしょ。という程度だったのですが子供が生まれてその友達とかが来るとなると、あまりボロボロではよろしくないと

 

張り替えることにしました。

家の壁紙を張り替えることにしました。

 

と目立たせようとしたのは壁紙の張替えは「難しい」というイメージが強いけども実際はできないことでもありませんし、持ち家であれば自分で張り替えていった方が一度に張り替えようと部屋の物をどかしたりせずに好きな時間でその場所だけ物をどかすだけでできるので、気分的には楽だと思います。

今回は部分的な張替えのみですが、そのうち各部屋の壁紙を全て家族の好みに張り替えようと思っています。練習です。

私の部屋は木繊維を散らした木目調のものが良いですね。

計算していませんが、工賃を考えたらおそらく依頼するより半額近くにはなるのかなと…思っています。完璧な職人技はできませんので職人様よりかは仕上がりが変わってくるでしょうけども、継ぎ目と角、この2点を抑えたら良いかなと思ったりもします。

 

※ 最初に、実際の壁紙と修理補修したい壁紙の模様はよく見て同じようなものを選んでください。

うちの壁紙は廊下とトイレの壁紙が微妙に違っていたので、間違えてトイレの壁の模様のものを購入してしまいました。
(元の壁紙がボロボロだったのと、練習を兼ねて実際の壁紙と異なる模様の壁紙での張替え紹介になります)
模様が違うためにむしろわかりやすいかもしれません。

 

補修前の状態

 

あらためてみてもひどすぎる…(T_T)

ですが、この程度なら30分~1時間程度で小学校高学年レベルの図工でできます。

 

13596174808911

 

 

壁紙補修を用意

 

壁紙って高価そうですが、実際にはピンきりで10年に1度…という頻度にしなくても張り替えられる程度の金額のものが大半です。

今回はこの「タピッコ ちょっと壁紙」を使用 420円 420円 …確か今の煙草の価格に近いと思います。

 

13596174655790

 

縦横30㎝と小さいようですが2枚入っています。

実際の壁紙のほうが当然、安いのですが量が多いので、補修場所に合わせて購入すると良いと思います。

で、この壁紙は「壁紙の上に貼れる」ということで、この時点でDIYが苦手な人や不安な方は傷んだ箇所の上にババンっと貼って終了です。

正直私も、そうしようかなと思ったのですが壁紙ということでそれなりの厚さがあるので、しっかりと傷んだ壁紙を剥がすことにしました。

 

 

13596174940372

 

ちなみにこのようなものが2枚入っています。

折れ目のような部分は曲げてあるだけなので、貼る際には折れ線のようなものはなくなります。

照明の前にいて影が邪魔をしてゴメンナサイ。

 

壁紙を剥がす

 

不要な場所を直線になるようにカッターで切ります。(アトをつけます)

そこにツメを立てて剥がそうとすると、シールを剥がすよりも簡単にペリペリ剥がれます。

スクレーパー(ヘラみたいなもの)を用意していたのですが、不要でした。

 

 

13596175156263

 

剥がしたとこに貼る

 

補修用の壁紙の粘着シートを剥がす。貼る。

 

13596175301734

 

剥がしたら貼る。大きい方から揃えていき、小さい方(普段目立たない側)を最後にすると、最終点でズレ等が見つかってさらに修正しても目立たないので安心です。

 

13596175448805

 

角の前に一旦深呼吸をして、角は指で折ることをイメージしながら強く強く押し付けていきます。

 

13596175573486

 

で、終了です。

 

では次はもう少し細かく書いていきます。

 

要は剥がす貼るの2工程なので上の補修箇所が広範囲のものはざっくりにしましたが、次は部分的な補修なので説明を設けていきます。

 

 

剥がす箇所を定規で線をひく

 

ボールペンでもマッキーでもなんでも良いです。

そしてこの線にそってカッターで傷を入れていきます。(裏が石膏ボードだとボードも切る恐れがあるので力を入れ過ぎないように)

素材にもよると思いますが、1ミリ程度の厚さだと思うので目安にしてください。

 

 

13596175808098

 

 

剥がす

カッターで傷をいれたところからツメでカリカリすると剥がれてきます。

逆にカッターで傷を入れた側に向かって剥がすとカッターで切れていない部分の壁紙が余計に破れていくのでこの方向は絶対に間違えないようにしてください。

 

13596176000759

 

こんな感じで剥がれていきます。

シールのように粘着質があるわけでもないので、壁紙職人さんの気遣いを感じます。

張替えのために、粘着でベタベタしたりしないようにと気持ちの良い仕事に感謝

 

13596176115490

 

最終的にはこのようにカッターでの線に合わせてはがせます。

少し下地の厚い部分も甘咬みで破壊されていました。Orz さすが野生…

(本当に何故か…我が家には)壁用のパテもあるので補修してもよかったのですが、私名義の家でDIYをするのも私のみなのにパテがなぜあるのかわからない。ということで殆ど経験が無いのでパテ補修は止めました。 もともと玄関前の目立つとこなので素人の下手細工で悪化するのが怖いです。

 

13596176209821

 

この剥がした場所を定規で正確に測定していきます。正確に測定しても+1~2ミリは大きめに補修用壁紙を切ります。

大きめに切るのは、角があるためにその分だけ余計に必要になるのと、大きく切ってから貼ってしまってもそれに合わせてカッターで上から切ることも可能だからです。

 

小さい箇所だったので貼る画像は上の方の貼り方と同じなのでそちらを参考にしてください。

 

壁紙の補修終了

 

※何度も書きますが、壁紙の模様を間違えて購入してしまいました。(T_T)
もとよりかは良いか。と練習も兼ねて貼ってみたら…違いすぎましたが、ブログでの説明用には良かったのかもしれないとプラス思考に切り替えています。

これで所要時間は30分程度。音楽CD1枚が終わりませんでした。

 

1359617480891113596176307492

 

比べようとしたら撮影場所がずれてました。

直した分は綺麗にはなっていますが、修理場所アピールがすご過ぎます。(;_;)

 

実際には足元から30センチ程度の高さなのですが、画像では拡大でアピってます。

模様を間違えないようにしてください。 私は壁紙の再購入なので予算の倍使うことになりました。

 

13596176455543

 

では拡大コーナー

 

素人っぷりを発揮していきます。

斜めから見たところ

 

13596176568954

 

壁紙同士の継ぎ目。

壁紙が異なるのは別にしても、継ぎ目の隙間が上の方と下の方では微妙に異なっています。

マクロ撮影なのでパッと見には段差もないのでわからない程度の異なりなのですが、こういった隙間から壁紙の劣化とかするのかなと思うと、やはりドシロウトの仕事ですね。

 

13596176815315

 

 

おまけ

 

剥がした壁紙を捨てるのは簡単です。

ですが、誰かのように壁紙の模様を間違える可能性もあります。携帯などで撮影して画像にしてもよいのですが、実際の壁紙の質感と色の濃淡は本物が一番わかりやすいので、少しだけ切り分けて置いておくことをオススメします。

実は同じ模様の壁紙でも色の濃さが何種類も売られています。

これは単に種類が豊富。というだけでなく日焼けなどで壁紙の色が変わる。という状態も考えられているからです。(と私は思っています)

 

13596176941006

 

適当に10センチ四方にしたつもり。

 

全壁紙の張替えなら要りませんが、補修を想定するのならこういった機会にでも残しておかないと、補修用に壁紙が必要になったときに、ワザワザ剥がすことになってしまったり、剥がして持っていったのに同じ物が売っていなかったら剥がしたぶんだけ汚くなってしまいますからね。

 

13596177040687

 

 

おしまい

ロッククライマーな3才児…

こういう壁紙だと子供も喜びそうですね。

 

13596177407868

 

と思ったら具だけ売ってた…

ただ40個×2で80個入っているようです…すげぇ・・・欲しいけど、80個は使い切れない(;_;)


 

Popular Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 家 室内 壁紙 張替え DIY
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部に